スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

妊娠初期の変化あれこれ

昨日アップするつもりで書いていたのに、タレゾウがぐずりだしてそのまま一緒に寝てしまった

なかな梅雨明けませんね。
でもつわり妊婦にとってはこれくらい涼しい方がありがたいですな。

さて、よだれづわりの話ばかり書くのも何なんで、他にも妊娠して変わったことを今日は書いてみようかな。

妊娠すると、つわりはもちろんですが、他にもホルモンの関係で心身ともにいろんな変化が起きます。

二人目となるとある程度の変化は想像できます。

例えば、おいらはこんなふうになりました。


1.便秘
これは一人目の時もそーとぉおおーーー悩まされました。
おいらはもともと毎朝出るタイプなので、1日出ないともう気持ち悪くて仕方ありません。

とろこが妊娠すると 3日は平気で出ません
便秘になると頻尿になるので、仕事中何度もトイレにこもってしまいます。。。

男性社員の中でトイレが近くてしかも長い同僚がいるのですが、
「○っちって、席外してると思うといっつもトイレ行ってるよね~。何してんだろう?」
などとからかっている場合ではありません。
よっぼどおいらの方がトイレを占領しています。

【そこで対策】
妊婦に便秘はつきものということで、産婦人科であっさり便秘薬を処方してくれます。
でも、薬に頼りたくないおいらは プルーンを1日3~4個 食べて何とかしのいでますが、このほど とってもいいサプリ を見つけました。
それについては後ほど。


2.痒い
これは一人目の時はありませんでした。
なんと、お恥ずかしいのですが、 乳輪! が痒いのです。

モーレツに痒い!!
ぼろぼろ皮がむけてカサカサです。
お風呂の時にブラを外すと、むけた皮がいっぱいくっついています。
トホホ。。。

仕事中も無意識のうちに胸を掻いているので、気が抜けません。

【そこで対策】
もう我慢できなくなって皮膚科に行きました。
「妊娠性湿疹」というのだそうで、ひどいと手足をはじめ全身が痒くなるそうです。

妊娠中は「弱い」レベルのステロイドなら塗ってもいいそうで、「リドメックス」という、タレゾウもアトピーの治療で使っている軟膏を処方してもらいました。

あんなに痒かったのに、1週間ほどで治りました。
でも、今も油断すると皮が剥けてきます。


3.鼻づまり
これは一人目の時もありました。
でも、今回は 早すぎます!

妊娠8週でタレゾウから風邪をうつされたのをきっかけに、以来鼻が詰まってどうにもなりません。
鼻をかんでも詰まって何も出てこず、とにかく息苦しいし、何より眠れない。
思えば、これで口呼吸しかできなくなったことが、唾液づわりと痰のへばりつきを誘発 させたような気がします。

【そこで対策】
いろいろサイトを調べたら、これまた 「妊娠性鼻炎」 というのがあるそうで。。。

それならと思い、レーザー治療をしている耳鼻科に行ってみましたが、そこの先生は
「妊娠したら鼻が詰まったの?珍しいね。」
と、妊娠性鼻炎のことなんて 全く知らない様子 でした。

結局薬は処方してもらえず、レーサー治療もやってもらえず、ネブライザーをあてただけで終わってしまった。
くそっっ!

鼻づまりは今も続いています。。。

※妊娠性鼻炎についての詳細はこちらをどうぞ!
http://home.e-catv.ne.jp/yamatsumoto/newpage32.htm


4.マイナー変化
マイナー変化といえば、 毛が薄くなった? ように思います。
それはどこで気づいたかと言うと、




・・・口ひげ・・・(汗)

おいらは南の血を受け継いでいるので毛深いのです。。。
口ひげもちゃんと手入れしないと、ほんとにひげのように生えてきちゃいます(^_^;)。

が、この口ひげがほとんど生えなくなったのです。
一人目の時もそうだったなぁ。

女性ホルモンのせいか?
単につわりで栄養取れないせいか?

それにしても、便秘ってゆーのは妊娠を経験する前から知っていたけど、体痒くなったり鼻詰まったり、まさか唾液が飲み込めなくなるなんて、全然知らなかったんですけど。。。

妊娠の本や雑誌でもあんまり取りざたされてないよね。
自分がこういう状況になって、もっと妊婦についての情報を広く発信してほしいなぁ、とつくずく思います。

自分で必死に調べないと分からないなんて。。。
医者に聞いても分からないなんて。。。

困ります。

☆☆☆ よろしければ2つほどポチッと願います ☆☆☆
 
 にほんブログ村 マタニティーブログへ



スポンサーサイト
二人目妊娠初期 | 【2006-07-19(Wed) 10:53:41】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

二人目妊娠~自分の反応

二人目の妊娠が分かった時、おいら自身の反応は、

あぁ、やっぱり
そして
よく受精したなぁ

の2つだ。

おいらは二人とも不妊治療で授かっている。
今回の妊娠での人工授精の際、精子の運動率(※1)は通常で14%、洗浄後(※2)でも19%だった。
担当の先生も、「う~~ん、これでは妊娠は難しいねぇ。」とうなっていた程だ。

一人目の治療の時も精子の運動率は低く、3回目の人工授精でやっと56%になりおいらは妊娠した。
なので、19%ではまず受精は無理だろう、と思っていた。

・・・思っていたのだが、その反面、この時の卵子の成長がとてもよく、更に2個排卵していた。
「卵子の状態がいい」 というのは、毎回のエコーを見てもいい感じだなぁ、と思っていたのだが、それとは別に、直感というか、口では説明できない確信のようなものがあったのだ。

それで、今回も妊娠は無理だろう、と思いながらも、心底では焦りがないというか、何か安心感みたいなものがあった。

そして生理予定日を3日過ぎても基礎体温は高温のまま。
その日に受診して尿検査で陽性反応が出た。

あぁ、やっぱり。

それにしても、本当によくこの運動率で妊娠したなぁ。
奇跡的だ。
感動よりも驚きの方が大きかった。

※1:運動率
全体の中で元気に動き回っている精子の割合。
これが50%以下だと受精しにくいと言われている。

※2:洗浄
精子には、簡単に射精させないように運動を抑えようとする成分も入っている。
人工授精の場合、この余計な成分を取り除いて運動率を上げる処理を施す。
但し、病院によっては洗浄しないところもあるので、やけに安く人工授精をやってくれる婦人科は先生に確認した方がよい。

☆☆☆ 励ましにポチッとしてくれたら嬉しいです ☆☆☆
========




二人目妊娠初期 | 【2006-07-10(Mon) 16:44:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

母親学級

母親学級に行ってきました。
二人目で同じ産院なので内容は分かっていましたが、試供品やカタログ欲しさに行ってきました。
つわりがきつかったけど(^_^;)。

院長先生のお話は、タレゾウの時とほとんど変わらない話でした。

■35週までは何としてもお腹の中で育てて欲しい
■産みやすくするために体重増加は7~9kgにとどめて欲しい
■出血、寝ても治まらないような強いお腹の張りがあった場合は受診すること

といったことを1時間以上かけて話してました。

ちなみにおいらは妊娠前ですでにBMI値(※1)が26もあるので、出産までに増やせる体重はたったの5kgしかありません。。。
きつーーーーいっっっ!

さて、おいらが今回出席した理由はもう一つあります。
それは、
「よだれづわり仲間」
を探すこと。

よだれづわりについては後ほど詳しくお話しますが、見たところおいらと同じ症状で苦しんでいそうな妊婦さんはいなかったようだ。
ま、予想してたけどさ。

この苦しみを分かち合う相手がいないのはちょっと寂しい。。。
せっかく休憩時にもらった病院手作りのアップルパイも、よだれづわりのおかげで喜び半減だし。
ぶーぶー。

※1:BMIって?
体重(kg)÷身長(m)の2乗
これが18.5未満だと痩せすぎ、25以上は肥満とされる。
妊娠時の一番理想的なBMI値は20~22だそうです。

☆☆☆ 励ましにポチッとしてくれたら嬉しいです ☆☆☆
========



二人目妊娠初期 | 【2006-07-05(Wed) 16:49:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 明日見る虹 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。